LINE
留学マガジン

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

  • 海外留学体験談
  • 2016.06.19

不安に思っていた自分が馬鹿馬鹿しくなるほど短期留学では楽しい世界が広がっています|体験談-影山雄大さん

★今回、ご留学を決断されたきっかけは何ですか?

日本人だけでなく海外の人たちの考え方を理解したり、文化を肌で感じたいと思ったのが始まりでした。しかし、初めての海外だった為、全てにおいて不安ばかりで、留学するかわからないけれども資料だけ見てみようとWorld Avenueさんに資料請求をしたところ、不安だらけの私を手厚くサポートしてくださったので、不安が薄れていき、留学しようと決断しました。

★ご留学中の1番楽しかった思い出を教えて下さい。

IMG_1822
ホームステイ先でのパーティーです!ホストファミリーが私の為に多くの友人を呼んでくれて、大勢でパーティーをしたことが1番の思い出です。

★ご留学中、1番辛かったことは何ですか?また、どのように乗り切りましたか?

初めの頃は全く英語が聞き取れず、話せずで何もできなかったことが一番悔しかったです。しかし、日が経つことに耳が英語に慣れてきて、聞き取れるようになっていきました。また、必死に聞き取ろうとする姿勢を表すことで、現地の人は何度も同じことを繰り返してくれました。

★学校へ通われている方は、学校の雰囲気や参加した授業の感想を教えて下さい。

アメリカでは日本と違いラフな環境での教育を受けることができました。先生がシリアルを食べながら授業をしたり、、、笑
また、各国から自分と似たような目的を持ってきている子達ばかりなので、友達ができやすかったです。

★留学を通してご自身が1番変わったと思う点は何ですか?

考え方、価値観ですかね。良い意味でも悪い意味でも「型にはまった考え方」をしないようになりました。
さらに、コミュニケーション能力が驚くほど高くなっていました。

★最後に・・・これからご留学をされる方へメッセージをお願いします。

人間一人一人に個性があるように国一つ一つに個性があります。その個性の存在を知った上で今後の人生を生きるのか、知らないまま生きるのかでは天と地の差だと思います。不安だらけの人もいるかもしれませんが、いざ現地に行ってしまえば不安に思っていた自分が馬鹿馬鹿しくなるほど楽しい世界が広がっています。勇気を出して1歩を踏み出してみてください

お名前:影山 雄大様
ご渡航国名:アメリカ
都市名:ロサンゼルス
学校名:Embassy English Los Angeles校
ご留学期間:1ヶ月間

  • New zealand education
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン