LINE
留学マガジン

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

  • 海外留学体験談
  • 2016.06.25

自分を成長させてくれる、人生における最も濃い時間が短期留学にはありました|体験談-小沼葵さん

★今回、ご留学を決断されたきっかけは何ですか?

大学に入ってからずっと海外留学をしたくて、1番暇な大学2年生の夏休みに1ヶ月間留学しようと考えていました。

★ご留学中の1番楽しかった思い出を教えて下さい。

いろいろな国籍の友達ができたこと、その子達と学校で安く買ったチケットでミュージカルをいくつも見に行ったこと。

★ご留学中、1番辛かったことは何ですか?また、どのように乗り切りましたか?

私はもともとReadingやWritingは得意でしたが、SpeakingやListeningが苦手でした。クラス分けで自分よりもはるかに英語を話すのが得意な子達に囲まれ、自分の英語が相手になかなか伝わらなくて辛かったです。クラスは別でしたが他の日本人の子と仲良くなって、その子と辛い時に慰め合ってなんとか乗り切りました。

★学校へ通われている方は、学校の雰囲気や参加した授業の感想を教えて下さい。

授業自体はとにかく真面目です。ある問題についてディスカッションをしたり、文法を習ったり。また、金曜日には授業を早く切り上げてコヴェントガーデンに行ったりしました。ただ、授業中、先生も生徒もコーヒーを飲みながらわいわい授業をやるので、日本の学校のような堅苦しさはなく、リラックスできました。

★留学を通してご自身が1番変わったと思う点は何ですか?

苦手だったSpeakingに対して、臆病じゃなくなりました。留学に行く前は外国人の先生と話すのを避けていましたが、帰ってきてからは自分から質問しに行ったりできるようになりました。

★最後に・・・これからご留学をされる方へメッセージをお願いします。

留学先には本当にいろいろな価値観を持った人々がいて、とまどうこともあると思います。しかしそのような差異を認めることで自分自身をぐんと成長させることが出来ると思います。また、たまに、留学先では日本人とは話したくない、という人がいますが、そう意地を張らずに、日本人も留学先の友達の1人であるというように受け入れ、仲良くしたほうが(悩みとかも相談できるし)いいと思います。

今、こうして留学生活を振り返ってみると、ロンドンでの1ヶ月間は本当に夢のようであり、人生の中で最も濃い1ヶ月間だったといっても過言ではない位です。今留学に対する不安が大きい方、行ってしまえばなんとかなります!笑 自分を成長させてくれる、人生における最も濃い時間が待っていると思います。日本では経験できない様々なことをめいっぱい経験してきてください!

お名前:小沼 葵様
ご渡航国名:イギリス
都市名:ロンドン
学校名:Kaplan International English-London(Covent Garden)
ご留学期間:4週間

  • New zealand education
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン