このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細はこちら

ワーキングホリデーのリアルなお仕事事情!
探し方のコツと職種を紹介

ワーキングホリデー前にしっかりと貯金をしていたとしても、生活するだけでも次第にお金は尽きてきます。せっかくの海外に行くのだから、旅行したり、現地でできた友達と遊びに行ったり、ケチケチせずに色んなことを体験ししたいと考える方も多いかと思います。そのような方にとって、海外で働いて、お金を稼ぎながら生活ができるワーキングホリデーはとても魅力的な制度です。

しかし、制度的に働くことが許されていたとしても、そう簡単に日本と同じように働けるわけではありません。海外で仕事に就こうと思えば、まず第一に、英語力が求めらることは言うまでもありません。さらに、履歴書の書き方や求人の探し方なども日本とは異なるため、働くための準備にも時間がかかるでしょう。そのため、「英語力に自信がないから仕事が見つからないのではないか」と不安になっている方や、「探し方がまったく分からず、現地でやっていけるか不安」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、ワーキングホリデーでできる仕事や、仕事につくために必要な英語力、また、仕事を見つけるための探し方のコツなどをまとめてご紹介します。それだけでなく、帰国後の就職や転職活動の際、評価に繋がる仕事ができるのかどうか、という点もご紹介していきます。限られた時間のなかで、効率よく仕事を見つけられるように、またワーホリ中の仕事が今後の人生につながる経験になるように事前にしっかり準備しておきましょう。

ワーキングホリデーで仕事をするうえで知っておきたいこと▼ 
仕事の探し方▼ 
ワーキングホリデーでできる仕事▼ 
帰国後に繋がる仕事はできる?▼ 
まとめ▼ 

ワーキングホリデーで仕事をするうえで知っておきたいこと


外務省のホームページをみると「ワーキングホリデーとは「相手国・地域の青少年に対し、休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度」とあすます。働くことが主目的ではありませんが、その国での生活資金を補うため、フルタイムでの就労を認められている特別な制度です。

ただ、国によって同一雇用主のもとで働ける期間が異なるなど、国によって、異なるルールが定められています。例えば、オーストラリアの場合だと同一雇用主の元で6ヶ月間しか就労ができないというルールがあります。オーストラリアでのワーキングホリデーの場合、せっかく仕事を見つけても、半年後には新しい仕事を見つけないといけないので、少し大変かもしれません。同じ街に長期間滞在をしたいと考えている方は、各国別ワーキングホリデー制度の特徴まとめを読んで、渡航する国の就労条件を事前にチェックしておきましょう。

仕事の探し方

探し始めるタイミング


実際に、どのように仕事を探していくのかをご紹介します。仕事を探し始めるタイミングは、人によって異なりますが、渡航して1ヶ月間が経過し、生活にも慣れた頃が多いようです。アルバイトの場合、すぐに働いて欲しいというお店が多いため、英語力や生活面など踏まえ働き始める準備を整えてから仕事を探し始めるのが良いでしょう。

渡航してすぐに働こうと思うと、英語力が足りない方がほとんどです。英語力のない状態でも働ける職場はありますが、飲食店でひらすら食器洗いする仕事や野菜の皮むきをする仕事など、作業的な仕事が多くかつ、国が定めている最低賃金を守らない職場もあります。給与が低いと、何時間も働かないといけなくなります。結果、英語を勉強する時間を作れず、いつまでたっても英語力が伸びないため他の仕事を探せない‥そんな悪循環に陥ってしまいます。そのため、ワーキングホリデーの前半は、語学学校などでしっかりと英語力を伸ばした後、英語環境での仕事に挑戦することをおすすめします。

どのくらい語学学校に通うべきか?
お悩みの方は留学カウンセラーにご相談ください。

仕事の探し方と応募方法

探し方1:求人サイト

日本のようにリクルート情報が充実している国は少ないため、海外では、情報が限られた中で探さなければなりません。もっとも主要な探し方は、インターネットのアルバイト情報サイトや人材派遣会社のサイトを利用する方法です。ただし、インターネットからの応募の場合、応募者が多く、企業は書類通過者のみへ連絡を行います。そのため、応募しても企業から返信がこない、といったことも多々あります。しかし、気を落とさず、諦めずに応募し続けることが重要です。
各国の求人サイトは、以下のおすすめ求人サイト一覧をぜひ参考にしてください。

【おすすめ求人サイト】

おすすめ求人サイト
オーストラリア JAMS:日本人向けの求人サイト
SEEK:ローカルの求人サイト
ニュージーランド NZDaisuki:日本人向けの求人サイト
Backpackerboard:ワーキングホリデー者向けのローカル求人サイト
カナダ JPcanada:日本人向けの求人サイト
Indeed:ローカルの求人サイト
イギリス MixB:日本人向けの求人サイト
Indeed:ローカルの求人サイト

探し方2:お店へ飛び込み

履歴書を印刷して、直接お店に飛び込む、という方法があります。募集を出そうと考えているお店に運よく飛び込んだ場合は、すぐに仕事をもらえることがあります。しかし、求人を募集していなかったり、オーナーが不在だったりとなかなか決まらない場合も多々あります。現地で働いてみたい!と思えるお店を見つけた場合、挑戦してみるとよいでしょう。

探し方3:友人からの紹介

もっとも効率的な探し方は、友人から仕事を紹介してもらうという方法です。信頼のおける社員からの紹介ということで、採用される確率がぐんと上がります。語学学校などで友達を作り、仕事を探していることをアピールしておくと、仕事の空き情報などが舞い込んでくるチャンスが高くなります。実際に働いている友人から紹介される職場の場合、労働環境やお給料の目安なども事前にわかるため、安心して仕事を始めることができるでしょう。

ワーキングホリデーでできる仕事

ワーキングホリデーでできる仕事といえば、カフェやレストランでのウェイターや、ショップ店員、キッチンスタッフなどが定番です。これらの仕事は、求人が多く、英語力もそれほど求められない場合も多いため、ワーキングホリデー者に人気です。他にも、英語力に自信がなくても挑戦できる、日本人向けツアーガイドや日系企業でのオフェイスワーク、日本語教師、ベビーシッター、清掃員なども、人気のお仕事です。
またオーストラリアの場合、ビザの延長を希望される方には、ファームと呼ばれる農業や畜産、酪農系などでのお仕事が選ばれています。

上記でお伝えした中でも、英語力やお給料の面から、もっとも定番なのが、日本食レストラン・ツアーガイド・カフェでのアルバイトです。そこで、これら3つのお仕事に就く際に必要な英語力と給与について、こまかくご紹介させていただきます。

日本食レストラン


海外に着いてすぐ仕事を始めたい方や、英語力に自信がないという方には、ジャパレスと呼ばれる日本食レストランが選ばれています。シフトの融通が利きやすいため、語学学校に通いながら働くことも可能です。また、多くの日本食レストランではまかないが出るため、食費を抑えることができるという大きなメリットがあります。
しかし、「スタッフは全員、日本人」というレストランも多く、接客中以外は全て日本語環境になってしまう、なんてことも。そのため、英語を上達させたい方は、できるだけ現地の方、あるいは日本人以外の方がたくさん働いているお店を探してみるとよいでしょう。

■必要な英語力
語学学校のレベル:Pre Intermediate (初中級)〜Intermediate (中級)程度
TOEIC:400〜550点

■給与
国やレストランによって異なりますが、最低賃金、またはそれを下回る給与の場合もあります。

【各国の最低時給】

最低時給
オーストラリア AUD19.84
ニュージーランド NZD18.90
カナダ CAD10.05〜$15.00
*都市によって異なります。
イギリス GBP8.20 (21-24歳) / GBP8.72 (25歳以上)
*年齢によって異なります。

ツアーガイド


日本人観光客を対象に、日本語で人気観光地やハイキング、マリンスポーツなどのアクティビティの案内をする仕事です。ただし、 ホテルや観光地の受付やバスドライバーなど、現地の方と接する際には英語を使う必要があるため、ある程度の英語力が求められるお仕事です。また、空港の出発のお迎えやお見送り業務などもあり、勤務時間が早朝や深夜になる場合もあります。

■必要な英語力
語学学校のレベル:Intermediate (中級)程度〜Upper Intermediate (中上級)程度
TOEIC:500〜700点

■給与
サービス業の中でも比較的、時給が高いため、効率よく収入を得たい方におすすめです。ただし、シフトが固定されていないため、安定した収入は難しいかもしれません。

【各国の給与の目安】

時給の目安
オーストラリア AUD20.00 〜 AUD24.00
ニュージーランド NZD19.00 〜 NZD23.00
カナダ CAD12.00 〜 CAD 17.00
イギリス GBP8.50 〜 GBP10.00

カフェ (ローカル企業)


日本食レストランに比べるとハードルが上がりますが、ローカル企業で働けるサービス業として人気があります。英語での労働環境ということもあり、英語力の向上に繋がることは言うまでもありません。日本でカフェでのアルバイト経験や、バリスタとして働いた経験がある方は、即戦力として採用されることがあります。

■必要な英語力
語学学校のレベル:Upper Intermediate (中上級)程度
TOEIC:650〜750点

■給与
基本的には最低賃金を下回ることはありません。チップなどをもらう機会もあるため、サービス業のなかでも、給与水準が高いと言えるでしょう。

【各国の時給の目安】

時給の目安
オーストラリア AUD19.50 〜 AUD24.00
ニュージーランド NZD19.00 〜 NZD23.00
カナダ CAD12.00 〜 CAD 17.00
イギリス GBP8.50 〜 GBP9.00

またワーホリの人帰国であるオーストラリアでは、カフェやレストランなどで働くと、雇用形態によっては祝日は時給が約2倍になる場合もあるため、高い給与をもらえるチャンスがあります。

帰国後に繋がる仕事はできる?


ワーキングホリデーでできる仕事のなかで、オフィスワークや帰国後に繋がる仕事をしたいという方も多いかと思います。しかし、専門的なスキルとビジネスで使えるAdvanced (上級以上) の英語力がある方以外は、キャリアに繋がるローカルの仕事に就くのはなかなか難しいのが現状です。

ただ、せっかくワーキングホリデーにきたのだから、現地のローカル企業で英語環境で働きたいと考える方も多いかと思います。そのような方は、ワーキングホリデー制度を利用した海外ビジネスインターンシップというプログラムを活用しても良いかもしれません。インターンと言っても、海外の企業でオフィス業務を経験するため、帰国後の就職活動の際にアピールすることができます。

まとめ

いかがでしたか?ワーキングホリデーで働くのは思ったより難しく、なかなか自分のやりたい職種に就くのが難しいかもしれません。ですが、諦めずに探せば、仕事は必ず見つかります。根気強く行動して、仕事をゲットしてください。せっかく海外にきたのだから、英語環境で働きたい!という方は、渡航初期は、しっかり英語力を上げることに集中しましょう。
また、確実に帰国後に繋がる仕事を経験したい!という方は、海外インターンシップについて、カウンセラーに相談してみるとよいでしょう。帰国後の就職・転職活動に活かせるかは、皆さん次第です。事前にしっかり準備をして、悔いのないワーキングホリデーにしてください。

*こちらのページに記載のある学校情報は、2020年7月情報を基に掲載しています。

← ワーキングホリデー情報に戻る

\ 一人で悩むより、まずは相談! /

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン