• 海外留学 学校情報
  • 2018.11.21

College Platon【2019年度版】

  • カナダの学校
  • 語学学校

College Platon(カレッジ・プラトン)はカナダのモントリオールにある創業60年以上の老舗の語学学校です。フルタイムの授業を受講している方対象に、無料でカンバセーションワークショップを開催しているため、より効果的にコミュニケーション力をあげたい方におすすめです。また、全校生徒中の20%、一般英語を受講する生徒のうち65パーセント以上がカナダ人という環境で勉強できることも魅力です。

1. College Platon(カレッジ・プラトン)基礎情報

語学学校情報
カナダ
都市 モントリオール
設立 1957年
キャンパス 4521 Park Avenue Montreal, Quebec H2V 4E4
クラス人数 最大15人
レベル 1~6
設備 教室数15、学生用キッチン、コンピュータールーム、Wi-Fi
日本人スタッフ あり
語学学校ホームページ http://collegeplaton.ca/
語学学校評判 5段階評価(
英語力の伸び
ロケーション
生徒のモチベーション
国籍比率
教師の質

カレッジ・プラトン 学校の様子

96
99
1
Loading image... Loading image... Loading image...

2. College Platon(カレッジ・プラトン)が選ばれる理由3

①コンシューマーズチョイス賞10年連続受賞の実績


カレッジ・プラトンは、北米で有名なコンシューマーズチョイス賞(Consumer’s Choice Award)の語学学校の部門で、10年連続で受賞した経歴があります。
このコンシューマーズチョイス賞とは、25年以上にわたり、消費者により良いサービスを提供している企業を紹介している調査機関です。購入前に試着ができる洋服の購入とは違い、海外留学は渡航前に直接学校の見学をすることが難しいため、渡航してから学校の雰囲気や授業のスタイルなど、想像していたイメージとのズレが発生する可能性があります。
その点、このコンシューマーズチョイス賞は専門機関からの客観的な調査と消費者のレビューによって決定されるため、期待外れな授業やサポートを受けるリスクは極力少ないといえます。
費用は抑えながらも、質の高い授業を受けたいという方にカレッジ・プラトンはおすすめです。

②カナダ人が多い学習環境


カナダの公用語は英語とフランス語ですが、モントリオールのあるケベック州の公用語はフランス語です。母語を英語とする州民も8パーセントとわずかながら存在しますが、州民の大半がフランス語を話します。
実は、ケベック州に暮らす人々の多くは、就職に有利な英語を習得するため、他州のバンクーバーやトロント、そして同州内のモントリオールで英語を学びます。(州最大の都市であり、トロントのあるオンタリオ州と隣接するモントリオールでは、多くの方がフランス語だけでなく、英語、またはその他の言語を用い、生活しています。)結果、カレッジ・プラトンで開講される一般英語コースは、生徒の65パーセントがカナダ人という構成になっています。

一般的に語学学校は英語を習得することを目的に設立されているため、英語圏以外から来た留学生しか通学していません。クラスメイトもみな留学生のため、様々な国籍の友達はできても、現地の方と関わる機会はなかなか持つことができません。しかし、カレッジ・プラトンでは、第一言語が英語ではないものの、カナダ人の学生が多く在籍しているため、現地の方との交流を容易に持つことができるのです。
しかも、カレッジ・プラトンに通う大半のカナダ人学生はマギル大学やコンコルディア大学、ケベック大学モントリオール校やモントリオール大学など、ケベック州内の大学進学を目的としているため、モチベーションの高い学生が多いのもカレッジ・プラトンの特徴です。

③経験豊富で優秀な教師陣

カレッジ・プラトンの教師陣は学士を取得しているだけでなく、語学学校の教師として豊富な経験を持っています。授業中生徒としっかりコミュニケーションを取りながら、生徒のペースに合わせて授業を行っています。
また、カレッジ・プラントンの総生徒数が約200人なのに対して、教師が38名ほどです。先生1人につき生徒が10名ほどと、少数クラス制をとっていることも特徴です。教師と生徒の距離が近くアッホームな雰囲気の中勉強することが出来るので、英語に自信がない方でも安心して授業を受けることができます。

3. College Platon(カレッジ・プラトン)が開講しているコース

グローバル社会で働くために必要な語学力を身につけるため、カレッジ・プラトンではいくつかのコースを提供しています。

①フルタイムコース


フルタイムコースでは経験豊富な教師陣のもと、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4技能を総合的に伸ばすことができます。午前中は、文法や読み書きなどを中心に、午後は、会話やプレゼンなどコミュニケーションスキルの強化います。カレッジ・プラトンでは特にコミュニケーションに重きを置いた授業を行っています。少人数のクラスの中で教師と生徒だけでなく、生徒同士での会話も多く取り入れた授業を提供しているため、スピーキングやリスニングが苦手な日本人におすすめの学習環境が整っています。
また、毎日授業内容に添った宿題が出されるため、生徒は授業で新しく学んだことを復習することができ、且つ、つまずいた問題を再度自分の力で解くことで、より効果的に英語力を上げることが可能です。日々の宿題をこなすことで、自分の英語力の向上を実感できるでしょう。
さらに、カンバセーションワークショップを毎日15時から16時までの1時間を使い、行っています。フルタイムコースを申し込んでいる方は無料で参加することができるため、学んだ英語をアウトプットする機会を増やしたい方におすすめです。
フルタイムコースは、月曜日から金曜日まで1日5時間の授業が行われ、4週間ごとに新しいコースが開講されています。
なお、フルタイムコースでは、英語、フランス語以外にドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、スペイン語など20ヵ国後以上もの語学を学ぶ授業も開講しています。

②パートタイムコース(英語・フランス語のみ)

英語とフランス語のみ、特別に開講されているのがこのパートタイムコースです。月曜日・水曜日・金曜日の三日間、18時から20時までの2時間ずつ授業を受けることができます。一クラス8~12人の少人数制で、コミュニケーション力向上に力を入れた授業を行っているため、短い時間でも集中的に英語力を上げることができるでしょう。
パートタイムコースは、最短4週間から、最長24週間まで受講が可能です。

③プライベートコース

フルタイムコースやパートタイムコースのスケジュールが合わない方、また自分のペースで勉強したい方のためにプライベートレッスンを開講しています。英語だけでなく、20言語以上の授業を受けることが可能です。
その他グループレッスンやケンブリッジ英語検定対策コース、TOEIC対策コースなども開講致しております。
詳細はお問い合わせくださいませ。

4.モントリオールの最高のロケーション


2018年6月2日からエアカナダの直行便が就航することで注目を集めているモントリオールは北米のパリと呼ばれており、近代的な建物と歴史ある建物が混在している都市です。
カレッジ・プラトンはそんなモントリオールの中でもっともおしゃれな地域のうちの一つである、プラトー地区の真ん中に位置しています。プラトー地区は芸術家が多く生活しており、クリエイティブな活動の拠点になっています。カレッジ・プラトンはモンロワイアル通りとサンローラン通りから数分の場所にあります。近くには様々な色に塗り替えたカラフルな外壁の建物やビクトリア様式の家が立ち並んでいるため、放課後街を散策するだけでも楽しめるでしょう。

モントリオールの風景

10
9
8
7
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

学校のまわりにはカフェやテラス、ジャンヌマンス公園やモンロワイアル公園、有名な観光地のサンローラン通りやサンデニ通りにあるバーやクラブがあります。またテニス場やバレーボールコートも近いため、野外アクティビティも楽しむことが出来るはずです。学校終わり友人と過ごすのも最適な環境です。

▼住所:4521 Park Avenue Montreal, Quebec H2V 4E4

5.まとめ


いかがでしょうか。カレッジ・プラトンはカナダの中でも日本人が少ないモントリオールにあるという特色を生かし、安価な授業料で質の高い授業を行っています。日本人とはどうしても勉強したくないとお考えの方には、ピッタリの語学学校です。
詳細に関しましては、当社にお問い合わせくださいませ。

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント

※当記事は、2018年3月時点の情報を基に編集いたしております。

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン