海外インターンシップで日本での就職を有利にしよう 今の貴方にプラスαの就職力を

行ってよかった! 参加した! 就職力(コミュニケーション力×行動力×語学力)UP 一歩踏み出せば、貴方のすばらしい未来が待っている!
参加しなかった! まずは海外インターンシップの無料資料請求をする
海外インターンシップの「就職力」とは?
海外インターンシップは語学力の向上だけが目的ではありません。異なる文化や考え方で働くことにより、「行動力」「コミュニケーション力」を向上させることができます。
海外インターンシップから帰国された時、同世代の中でひとつ飛びぬけた「就職力」を手に入れていることを実感できるはずです。
経験の積み方は目的によってさまざま!
01.将来は世界のビジネスパーソン! ― 就活に強みを!― いまどき英語が出来るのはあたり前。「留学してました」と言っても「どうせ遊んでたんでしょ」と思われがち。それなら、海外のビジネスシーンで実際にインターンとして働き、ビジネス英語を習得し「こんな目的を持って、こんな仕事をしてきました」と言える経験を積みませんか?向上意識・成長意識のある方に大人気のインターンシップです。
「自身の成長を目指した」先輩の体験談へ
02.カフェやホテルで働くのが憧れ― 楽しみながら経験を積める!― せっかく留学をするのなら確実に身につけたいのが、もちろん語学力。語学学校は基本を身につけるのにはいいですが、生活に必要な英語はネイティブと話して初めて身につきます。留学生が現地で英語だけの環境でお仕事をするのは、実は難しいことなんです。
「人とは一味違う経験をされた」先輩の体験談へ
03.看護資格を海外で生かしたい! ― 普段の留学とは違う経験ができる!― 日本では資格を持ち、経験も積んできた。でも海外への憧れも捨てられない!アシスタントナースとしてのインターンシップはお給料をもらえる上に、海外の医療現場での経験を積むことができます。海外をエンジョイしながらも、必ず自分の力となるインターンシップです。
「キャリアアップを目指した」先輩の体験談へ
11年の実績と経験でユーザー満足度業界TOPクラス 貴方のやりたいことに合った「インターンシッププラン」をワールドアベニューがアドバイスいたします!
1.ワールドアベニューが実績を持つ国だから、各国のインターン先をご提供
インターンシッププログラムを開始して11年の実績を持つワールドアベニューだから、多様なインターン先をご提供することができます。
オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アメリカ
2.有給からプチインターンまで、スキルに合わせた業種をご提供
「海外で仕事ができるほど英語力があるか不安」という方でも大丈夫。ワールドアベニューは、お客さまの英語力を分析し、最適な就業先をご提案させていただきます。
看護師[有給]・ハイグレードホテル[有給]・各種ビジネス[有給]・シェフ(料理)・アロマセラピー・介護士・日本語教師
インターンシップをしてみたいな!と思ったら、資料請求して内容を確かめてみよう! まずは海外インターンシップの無料資料請求をする

INTERVIEW 実際にみなさんいろんな目的を持って参加していました!

ビジネスインターンに参加された方のインタビュー
01.この経験はpriceless
ビジネスインターンに参加されたきっかけや理由は?
以前の仕事において、時々、英語を使うことがありました。準備したプレゼン等は何とかこなせるもの、突然の質問に答えられなかったり、協議ができない自分にいらだちを感じたりし、何とか英語力をUPしたいと思うようになりました。自分の年齢と様々な周囲の環境を考え、ギリホリを使って留学することを決めました。様々なプログラムがある中で、海外企業の文化を直接学ぶことのできるinternshipに興味を持ち、tryすることを決めました。
佐々木 直子さん
【ビジネスインターンはこんな方におすすめ!】・企業面接で語れるウリを探している方 ・チャレンジ精神が強い方 ・自己アピールが得意になりたい方 ・新しいことが好きな方
出発前の英語力と現在の英語力について
<出発前の英語力> 仕事で使うことがあったので簡単なメール作成、文書作成はしていました。でも、読み書きは何とかできても、すらすらと話せない自分にいつもいらだちを感じていました。
<現在の英語力> JET English College(語学学校)のCallan Methodのおかげで、Listening力(英語を理解する力)が「ぐん」と伸びました。Speakingはまだまだ流暢じゃないので特訓が必要です。
面接について
現地エージェントとの面接に対しては、日本での会社面接と同じような一般的な質問(志望動機、長所等)の回答を準備し、そのことについて実際に聞かれたので、何とかClearできました。ただ準備しすぎて、会話ができていない部分があったので、intern受入先との面接時には、会話することを第一に心がけました。 Intern先との面接では、途中、突然PCを使った実技もあり驚きましたが、会話をすることができたので、何とかClearできました。大切なのは、文法的なことではなく、とりあえず自分の考えを伝えるために話すことだと感じました。
これから出発される方、または現在検討されている方に一言
こちらでのインターンシップや日々の生活を通して、日本にいた時には出会えなかった人達と出会い、今まで知らなかった価値観に触れられたことで、自分の成長を日々感じています。 この経験はpricelessだなーと日々痛感。この選択をした過去の自分をほめてあげたいです(笑)。っていうと言いすぎかもしれませんが、人生一度きりなので、後悔のない選択をして欲しいと思います。
インターンシップをしてみたいな!と思ったら、資料請求して内容を確かめてみよう! まずは海外インターンシップの無料資料請求をする
カフェジョブインターンに参加された方のインタビュー
03.カフェやホテルで働くのが憧れ!
コースはどうでしたか?
私は、16週間のカランメソッドと最後の2週間ホスピタリティー英語を受けました。
今まで英語を聞く機会、話す機会が全く無かった為、最初は戸惑っていましたが、“カランメソッド”自体が英語を話す環境だったので、徐々に英語を口にするということにも慣れてきたのを覚えています。日本人は得に“話す”ということが苦手だと思うので、それに慣れるにはピッタリの勉